語学学校選びはなかなか大変な作業?

カナダ留学の窓口 > カナダ語学コース選び > 語学学校選びはなかなか大変な作業?

語学学校選びはなかなか大変な作業?


カナダの語学学校へ申込みをする際に、どの語学学校または語学コースが良いかということで、悩んでしまうかもしれません。

  

 

学生

 

  

目的をはっきりして語学コースを選びましょう。

 

まず第一段階では、英語を何のために学ぶのか決めましょう。

 

一般に大学やカレッジ入学を目指す方は、自分の行きたい大学やカレッジ付属の語学コースに進むことが卒業への近道になります。

 

大学付属の語学コースは、大きな組織の中にありますので、指導者の資格審査も厳しく、また監査やシステムもしっかりしていて、当たり外れが少ないといわれます。大学や予備校のようなアカデミックな環境で学びたい人には適しているでしょう。

  

   

  

大学付属の語学コースは、英会話教室のたぐいは余り力を入れていませんので、英会話初心者の方には向かない可能性が高いです。楽しい英会話教室を想像していくとかなりギャップがあると思います。

 

英会話初心者で会話力を身につけたい、または、短期留学やワーキングホリデーでカナダにいくので早く実践的なビジネス英語を身につけたいような場合は、コミュニケーションを授業の柱にしている私立語学学校へ進む学生が多いです。

 

英語が全然ダメという人でも比較的通いやすい環境が私立の語学学校にはあります。気楽に英語の世界に入りたいという人に向いているかもしれません。

   

  

   

私立語学学校は英会話だけで、大学入学レベルの勉強を全くしないというわけではありませんし、逆に、大学やコミュニティカレッジで全く英会話を教えてくれないというわけでもありません。

 

それぞれ得意分野や専門性があって、大まかに分けると「英会話上達のための語学学校」と「大学やカレッジ進学のための語学コース」があることは知っておいた方がいいでしょう。

   

  

   

優先順位を決めましょう。

 

どんな語学学校を希望されるか、留学カウンセラーさんが学生さんの話を聞くとこんな意見が出てくることがあるそうです。

 

「実力は付けたいけれど、厳しい学校はイヤ!」

「朝早いクラスがあるところもイヤ!」

「日本人が少ない学校でなければイヤ!」

「楽しい学校でないとイヤ!」

  

 

ちょっと無理かもしれませんね。。。(^_^;) 留学カウンセラーさんに同情します。

 

絶対、英語力をアップしたいと考えるのなら、他のことには目をつぶって多少厳しい学校を選ばれた方が良いかもしれません。

 

楽しく旅行気分で過ごしたいのなら、アクティビティの豊富な語学学校がありますので、そういった学校へ行くと良いと思います。特に夏は色々とイベントがあって楽しいです。

 

なんでも揃っている学校はないので優先順位を決めましょう。

 

  

  

自分で決める語学留学

 

私立語学学校では毎月入学できるところが結構あって、学生の出入りが激しいですので、そのたびに環境は一転します。

 

体験談などで、この学校は良かったと聞いても、それは一昔の話だったりします。

 

教え方がうまいと評判の語学学校でも、日本人や留学生同士の関係などがあまりよくなく、教師陣が優れているのにも関わらず、通いたくなくなってしまう学校もあります。

 

設備や教師が劣る学校でも、滞在したホームステイがよかったり、友達に恵まれたりすれば、十分満足できる留学生活になるケースもあります。

  

 

私立の語学学校では、大学などのように厳しい入学基準があることは少なく、学内のレベルを一定にキープするのは非常に難しいと思います。

 

やる気のない学生が多数入学してくると、クラスの雰囲気も一変してしまうことがあります。

 

英会話を教えることが柱になっている学校では、教科書に沿った授業より、先生の裁量に任せる部分が大きく、評判だった先生が他へ移ってしまうと、がらっと雰囲気が変わってしまうことも珍しくありません。

  

 

充実した留学、または楽しい留学にするためには、たくさんの要素がある上に個人差もあります。現地でいかに自分が頑張るか、ということもあるはずです。

 

まず、自分の感性と自分で集めた資料を信じて学校を選んでください。どうしても自分自身で判断できないときは、留学エージェントなどで調べてもらったり助言してもらうのもいいでしょう。

  

 

どのような場合でも、自分で責任を持つ気持ちが一番大切であると思います。人の意見を聞くことも大切ですが、人に勧められるままに学校を決めるのは考え物です。

 

例えば、留学エージェントに勧められてある学校に行ったものの、それが自分にはなじめない学校であったときに、勧めてくれた担当者を責めるだけで何の進歩もなく帰国していく学生もいます。

 

自分の選択が間違っていたと判断するなら、現地で学校を変えることもできるのですから、臨機応変に、そして自分の選択に責任を持っていきましょう。

 

目的を決めて、自分にあった語学学校を選ぶのは簡単ではありませんが、是非、「自分で決める留学」を実行してください。

  

  

  


関連記事

  1. ビクトリア大学ELCの入学申込書の記入方法
  2. ビクトリア大学の語学コースへ行こう
  3. 日本人に人気のあるカナダ語学留学
  4. カナダの語学学校協会が公認する語学プログラム
  5. 私立語学学校の利点と欠点
  6. カナダの大学を目指すなら大学付属のESLで力をつけよう
  7. コミカレの語学コースに行こう!
  8. 自分の目的にあった語学学校を選ぼう
  9. 自分にあった語学コース(ESL)選びをしましょう


カナダ留学.jp