カナダ留学農学部

スポンサーリンク

カナダ留学の窓口 > カナダの大学 > カナダで農学を学ぶ:大学農学部ランキングトップ7

カナダで農学を学ぶ:大学農学部ランキングトップ7

カナダの大学では優れた学部や分野がたくさんあります。留学生の多くは、ビジネス、観光、ITなどを学ぶかもしれませんが、農学という選択肢はどうでしょう。

 

カナダは、世界有数の農業生産国です。カナダの国土は、ロシアについで世界第2位で、中国よりも広いです。寒さが厳しく、自然の多いカナダでは、国土全体で見れば農業ができる地域は限られますが、それでも日本と比べれば10数倍もの農地があります。

 

カナダ最大の貿易国であるアメリカと比べれば、日本との貿易の割合は大きくありませんが、日本はカナダから様々な農産物を輸入しています。特に小麦、菜種、豚肉などが知られているでしょう。

 

そんな農業大国のカナダでは、農業について高いレベルで学ぶことができます。農学と一言で言っても、作物栽培学といった農作物を作ることだけではなく、食品科学、栄養学、酪農学、環境保全学、自然科学など様々な分野が関係しており、大学ではそれらを学ぶことができます。

 

アグリビジネス(アグリカルチャー+ビジネス)では、農業に関わる経済・マーケティング・流通・貿易・財政・会計・政策なども関わってきます。大学によっては、分野を特定して学ぶことができたり、専攻の他にマイナーとして学ぶことが可能です。

 

近年、日本でも農学部が注目されており、その分野を学ぶ学生が増えているそうです。

 

全国の大学で「農学部」が次々新設されるワケ

今、大学で農学系の学部新設が相次いでいる。若い人、特に女性の間で食や農、環境に対する関心が高まり、農学部キャンパスではノケジョ(農学系女子)が大手を振って闊歩する。景気に左右されにくい食品産業への就職に、農学部卒が有利なことも人気を支える。~ 東洋経済ONLINE 2018/09/29 ~

 

 

カナダの大学における農学部トップ7

 

こちらでは、世界ランキングから優れたカナダの大学をご紹介します。U.S.Newsよるベスト・グローバル・ユニバーシティ(2018)から、カナダで農学部のある大学トップ7を抜粋させていただきました。

 

順位は農学部での世界ランキングです。その他のランキングも、カナダ国内ではなく、世界ランキングからご案内しています。

 

 

第14位 University of Guelph(ゲルフ大学)

ゲルフ大学はカナダ・オンタリオ州ゲルフ(グエルフ)にある大学です。世界ランキング(農学部)で14位に入ってくるほど農学系に強い大学です。植物学・畜産学では47位にランクされています。歴史的にオンタリオの農学や獣医学カレッジなどが母体になって造られた大学のため、その分野で特出しています。

 

 

第22位 University of British Columbia(ブリティッシュ・コロンビア大学)

ブリティッシュ・コロンビア大学は、カナダ西部の都市バンクーバーにあるカナダトップクラスの大学です。農学部の22位に加え、植物学・畜産学では世界ランク6位に入っています。環境・生態学では10位、コンピューターサイエンスでは14位、社会科学・公衆衛生学で21位など、100位内に入る学部が複数あります。

 

 

第68位 University of Alberta(アルバータ大学)

アルバータ大学は、カナダ西部のアルバータ州エドモントンにあるカナダ上位の大学です。アルバータ州のエドモントンやカルガリーは、石油やガスなどの天然資源が豊富で潤っていますが、農畜産業も盛んです。農学以外では、微生物学が32位、地球科学が71位、環境・生態学が75位、経済・ビジネス学が67位にランクされています。

 

 

第69位 McGill University(マギル大学)

マギル大学は、ケベック州モントリオールにあるカナダトップスクールの一つです。ノーベル賞受賞者、首相、最高裁判官など著名人を多数排出している大学でもあります。環境・生態学で37位、社会科学・公衆衛生学で40位、精神医学・心理学で39位、神経科学・行動科学では19位など、100位内に入る学部が複数あります。学生数の約4分の1が留学生という国際色豊かな大学です。

 

 

第80位 University of Manitoba(マニトバ大学)

マニトバ大学は、カナダの内陸にあるマニトバ州のウィニペグにある大学です。マニトバ州は、とても広い草原が広がる土地柄で穀倉地帯です。マニトバ州では天然資源が豊富ですが、農業も主要な経済を担っています。そのため、マニトバ大学では農業分野の研究が盛んに行われています。免疫学では89位にランクされています。

 

 

第89位 University of Saskatchewan(サスカチュワン大学)

サスカチュワン大学は、カナダの中西部、サスカチュワン州サスカトゥーンにある大学です。マニトバ州と同様に、農業と天然資源が主要産業を担っています。元々、農業カレッジとしてスタートしており、農業やバイオテクノロジー系では最先端の研究が行われている大学です。日本のビール・パン・麺類などは、サスカチュワン州と深い関りがあります。

 

 

第103位 University of Toronto(トロント大学)

トロント大学は、カナダ最大の都市トロント(オンタリオ州)にあるカナダの名門大学です。農学では103位ですが、生物学・生化学で13位、分子生物学・遺伝学で11位、微生物学で30位、地球科学で43位、免疫学で33位、環境・生態学で54位など様々な分野で高ランキングを示している大学です。その他に、臨床医学で6位、神経科学・行動科学で16位、精神医学・心理学で9位など、医学系でもトップクラスです。

 

 

 

アメリカの大学農学部の世界ランキング

 

カナダの大学と比較して、アメリカの大学では、どこが高い評価を得ているかU.S.Newsの同ランキングから上位大学を掲載させていただきます。

 

アメリカの大学は、30位以内に10大学がランキングに入っている他、100位内に34大学がランクインしています。

 

 

アメリカの大学における農学部の世界ランキング上位10校

 

2位 University of California–Davis (カリフォルニア大学デービス校)

3位 Cornell University(コーネル大学)

5位 University of Massachusetts-Amherst(マサチューセッツ大学アマースト校)

10位 University of Florida(フロリダ大学)

12位 Harvard University(ハーバード大学)

17位 Michigan State University(ミシガン州立大学)

19位 University of Wisconsin-Madison(ウィスコンシン大学マディソン校)

20位 University of Illinois-Urbana-Champaign(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)

21位 University of Minnesota-Twin Cities(ミネソタ大学ツインシティー校)

29位 Texas A&M University-College Station(テキサスA&M大学 カレッジステーション校)

 

 

 

日本の農学部の評価は?

 

U.S.Newsの同ランキングから選ばれた日本の大学ですが、100位内は東大(83位)だけでした。

 

世界の大学ランキングでは、英語での大学情報をはじめ、英文で発表された研究成果や論文が少ないと評価されにくい傾向があります。日本の大学は、アメリカやカナダの大学に比べて研究予算(政府補助、企業や個人からの寄付などを含む)が少なく、環境設備や規模的にも劣る点もあると思います。

 

日本の大学農学部の世界ランキング上位4校

83位 東京大学

104位 京都大学

114位 北海道大学

142位 九州大学

 

 

世界ランキングではアメリカの大学が強いのですが、カナダの大学も健闘しています。知名度や総合的な大学ランキングが注目される中、学部ごとで見ると自分にあった大学が選びやすくなるのではないでしょうか。