カナダのアーサー・マクドナルド教授がノーベル物理学賞

カナダ留学の窓口 > カナダの大学 > カナダのアーサー・マクドナルド教授がノーベル物理学賞

カナダのアーサー・マクドナルド教授がノーベル物理学賞


カナダ・クイーンズ大学のアーサー・マクドナルド(Arthur McDonald)教授が、梶田隆章教授と共にノーベル物理学賞を受賞しました。

 

マクドナルド教授は、カナダ・ダルハウジー大学で学士と修士を取得した後、カリフォルニア工科大学で物理学の博士号を得ています。現在は、クイーンズ大学で教鞭をとっています。

 

アーサー・マクドナルド教授、ノーベル賞の受賞おめでとうございます。

 

 

~BBC News より抜粋~

 

スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長とカナダ・クイーンズ大学のアーサー・マクドナルド名誉教授の2人に贈ると発表した。素粒子「ニュートリノ」の「型」が変化する仕組みの発見が評価された。(2015年10月7日)

 

 

 

クイーンズ大学HPより、アーサー・マクドナルド教授のノーベル賞受賞を称えるトップページ画像

 

↓ ↓ ↓ 

 

クイーンズ大学

 

 

 

 

アーサー・マクドナルド教授の母校であるダルハウジー大学HPでも受賞を祝う

 

↓ ↓ ↓ 

 

ダルハウジー大学

 

 

 

リサーチが行われたサドバリー・ニュートリノ・オブザーヴァトリー・ラボのHPより

 

↓ ↓ ↓ 

 

snolab-macdonald

 

 

サドバリー・ニュートリノ・オブザーヴァトリー・ラボ(SNOLAB)は、トロントから400kmほど離れたニッケルの採掘が行われている場所にあります。地下2kmにありながら、3,100 m2 もある観測施設です。このSNOLABのディレクターがマクドナルド教授です。

 

SNOLAB(スノーラボ)は、ジョイント・プログラムとして運営されており、クイーンズ大学、カールトン大学、ローレンシア大学、アルバータ大学、モントリオール大学などが参加しています。

 

 

サドバリー・ニュートリノ・オブザーヴァトリー・ラボを紹介した動画。

ニュートリノ・ディテクターの内部はSF映画のようです。

 

 

 

2007年、マクドナルド教授は、戸塚洋二教授と共にベンジャミン・フランクリン・メダル(物理学)を受賞しています。

 

ちなみに、ノーベル物理学賞をマクドナルド教授と共に受賞した梶田隆章教授は、戸塚洋二教授の愛弟子です。

 

戸塚洋二教授は、ノーベル物理学賞受賞者(2002年)の小柴昌俊教授に学んでおり、小柴教授→戸塚教授→梶田教授というように師弟関係が続いているようです。

 

☆梶田教授の受賞に関しては、日本の様々なメディアで解説と賞賛がなされていますので、詳しくは割愛させていただきます。

 

 

岐阜県にあるニュートリノ検出装置スーパーカミオカンデの動画

 

 

 

カナダ人でノーベル賞を受賞した中には、ウィラード・ボイル氏(マギル大学)、ルドルフ・マーカス氏(マギル大学)、ロバート・マンデル氏(ブリティッシュコロンビア大学-ワシントン大学-MIT)、ラルフ・スタインマン氏(マギル大学-ハーバード大学)、ヘンリー・タウベ氏(サスカチュワン大学-カリフォルニア大学バークレー校)、アリス・マンロー氏(ウェスタンオンタリオ大学)などがいます。

 

カナダ生まれ&カナダの大学卒でも、アメリカの大学院に進んだりアメリカで職に就くなどして、その後、アメリカに移住している人が何人もいて(アメリカ国籍になっている)、結果、アメリカの受賞者としてカウントされることがあります。

 

日本では、カナダは余り注目されることがありませんが、世界的に認められる学者さんもたくさんいます。

 

今回、日本の梶田隆章教授と共に受賞されたことで、カナダのマクドナルド教授にも注目が集まればいいなと思います。

 

 

 


関連記事

  1. カナダ中西部にあるサスカチュワン大学
  2. バンクーバー郊外にある有名大学・サイモンフレーザー大学
  3. 成長著しいカルガリーで学ぶマウント・ロイヤル大学
  4. 地方都市で学べるトンプソン・リバーズ大学
  5. 中規模ながら評価の高いカナダ・ビクトリア大学
  6. カナダの大学入学には偏差値は無いの?
  7. 革新的なアプローチで成長を続ける大学:ウォータールー大学
  8. 総合的にカナダ第1位の大学と呼ばれる名門トロント大学
  9. 研究が盛んなカナダ上位の大学:アルバータ大学
  10. カナダ西部の名門大学:ブリティッシュ・コロンビア大学


カナダ留学.jp