中規模ながら評価の高いカナダ・ビクトリア大学

カナダ留学の窓口 > カナダの大学 > 中規模ながら評価の高いカナダ・ビクトリア大学

中規模ながら評価の高いカナダ・ビクトリア大学


ビクトリア大学(University of Victoria)は、カナダ西部、ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアにある州立大学です。UVic(ユービック)の略称で親しまれています。

 

 

カナダ・ビクトリア大学

資料元:ビクトリア大学

 

 

ビクトリア大学の基本情報

 

ビクトリア大学は、約20,000人の学生が学んでいる中規模の大学です。100カ国以上から集まった留学生は、1600人ほど学んでいます。

 

ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアは、カナダ本土からから少し離れたビクトリア半島というユニークな立地にあり、英国統治の歴史から建物など英国色の濃い街です。カナダの中では比較的温暖な気候のため、ガーデニングも盛んで、花の街と呼ばれるほど美しく、観光地としても非常に有名です。

 

ビクトリア大学は、1963年に開講しており、まだ歴史が浅い大学です。ただ、ビクトリア・カレッジとして1903年に創立されており、年月をかけて進展してきた教育機関といえるでしょう。

 

 

 

ビジネス、教育、工学、理学、芸術、人文学、社会科学、法学などの学部があります。リサーチ系の大学であるため、海洋研究、ゲノミクスやプロテオミクス、環境や地球変動、物理、天文、IT、医療情報、芸術、先住民の研究などにも力を入れています。

 

大学で学んでいることを会社で働きながらも学ぶという実践教育のCo-op制度も充実しており、カナダで3番目の規模です(一番はWaterloo大学、2番はSherbrooke大学)。

 

ビクトリア大学では研究も盛んで、学生のアイディアや研究を元に会社が設立されたり、数々の特許も取得して地元経済に貢献しています。

 

 

 

ビクトリア大学の大学ランク

 

カナダの雑誌Maclean’sによるカナダ国内の大学ランキング(学士&修士レベル)では、非常に評価が高く、大学ラインキング・コンプリヘンシブ・カテゴリー2014では、第1位にランクされています。

 

Times Higher Education(2013)の創立50年未満の大学を扱った世界ランキングでは20位にランクしています。同ランキングで、カルガリー大学は23位、サイモン・フレーザー大学は26位でした。筑波大学は49位にランクインしていました。

 

Reserch Infosourceによるリサーチ系大学ランキングTOP50のコンプリヘンシブ・カテゴリー2013では、ウォータールー大学、グエルフ大学に続いて第3位でした。

 

50年ほどで急成長している大学です。今後の発展にも期待ができるでしょう。

 

 

 

 

実践教育のCo-op教育

 

大学で学んでいることを会社で働きながらも学ぶという実践教育のCo-op教育制度といえば、ウォータールー大学が一番良く知られていますが、ビクトリア大学もCo-op教育制度でよく知られています。

 

Co-op教育制度では、働きながら学ぶ環境が整えられており、大学のデータベースから雇用主を探すことができます。また、カウンセラーもいるため、職探しやキャリアプランについて相談することもできます。

 

企業としては、大学から求人に関するサポートを受けられるだけでなく、豊富な知識を持ちリサーチの環境が整っている大学からアイディアや情報を得たり、ベンチャーを組んだりといった大きな利点もあります。

 

Co-op教育制度の強みは、大学で学ぶことと実社会を繋げることで大学で学ぶ意味を高めること、そして、在学中に仕事経験を積むことから、卒業後の就職に有利に働くことです。実際、インターンシップで働いてくれた学生を、卒業後に正規採用する企業が少なくないそうです。

 

 

 

充実した語学コース

 

ビクトリア大学には、1970年に設立されたイングリッシュ・ランゲージ・センター(ELC)があります。カナダでは歴史のある語学コースです。

 

付属機関というより、センターと名前がつくほど設備が整った語学コースといえるでしょう。充実した語学コースに加え、オプションでTOEFLやIELTS準備コースなどがあります。

 

Intensive English(ELPI)がメインのプログラムになります。12週間ごとのコースになりますが、9週間のサマーコースや月ごとのコースなどもあります。受講料(2014)の一例ですが、12週間コースが$3,700、夏の9週間コースが$3,450となっています。

 

University Admission Preparation (UAP)という英語コースの最上級クラスを規定の成績で終了するとビクトリア大学の入学に必要な英語基準をクリアすることになります。

 

学部入学で求められるIELTSTOEFLの成績は下記のとおりです。

 

TOEFL (iBT) : 90 ( 各セクションは20以上)

IELTS:6.5  (各セクションは6.0以上)

 

 

授業料と生活費について

 

ビクトリア大学のホームページより2013年度の学費・生活費について一例としてご案内します。

 

1年間(2学期)通って、それぞれで5科目選択した場合の費用です。学部や選択科目によって、費用は上下しますので、個人の留学プランにおいた正確な金額は大学のホームページにて確認してください。

 

学費:$16,366

学生諸会費:$149

教科書・書籍費:$1,700

宿泊・生活費(平均):$7,500

通学費(バス定期等):$162

保険:$288

余暇費:$158

総合計:$26,323

 

1カナダドル=90円として試算すると約237万円~が必要になります。

 

 

 

ビクトリア大学と英語学習センターを紹介した動画

 

  

  

※コース概要、スケジュールや費用等は執筆時のもので、以後、変更になる場合があります。最新情報は、大学のホームページにてご確認ください。

 

 

資料元:University of Victoria

 

 

 


関連記事

  1. カナダ中西部にあるサスカチュワン大学
  2. カナダのアーサー・マクドナルド教授がノーベル物理学賞
  3. バンクーバー郊外にある有名大学・サイモンフレーザー大学
  4. 成長著しいカルガリーで学ぶマウント・ロイヤル大学
  5. 地方都市で学べるトンプソン・リバーズ大学
  6. カナダの大学入学には偏差値は無いの?
  7. 革新的なアプローチで成長を続ける大学:ウォータールー大学
  8. 総合的にカナダ第1位の大学と呼ばれる名門トロント大学
  9. 研究が盛んなカナダ上位の大学:アルバータ大学
  10. カナダ西部の名門大学:ブリティッシュ・コロンビア大学


カナダ留学.jp