マップ
カナダ留学の窓口 > カナダの大学 > カナダの大学は世界でどの程度認められているの?

カナダの大学は世界でどの程度認められているの?

カナダの大学は日本では余り聞いたことがないかもしれませんが、カナダの大学は世界でどの程度認められているのでしょうか。

 

カナダの大学

 

 

ここでは、ニューズウィーク誌(ウェブ版)でランク付けされた2006年度世界の大学トップ100から、カナダの大学をピックアップしてみます。

 

18位 トロント大学
31位 ブリティッシュ・コロンビア大学
42位 マギル大学
55位 アルバータ大学
84位 ウォータールー大学

 

 

日本の大学で100以内に入ったのは下記の大学です。

 

16位 東京大学
29位 京都大学
57位 大阪大学
68位 東北大学
94位 名古屋大学

 

 

 

 

日本では余り知られていないカナダの大学ですが、日本の大学と比べても全く遜色ない順位を確保しているのが良く分かります。

 

ランキングは、雑誌によって何を重要視するかで評価が異なりますので、当然順位も入れ替わることがあります。

 

世界ランキングは英語圏の会社などが行っていることが多いので、英語に馴染みの少ない大学(留学生が少ない、英語圏の教授が少ないなど)のランクは実際より評価が下がる可能性があります。

 

 

総合ランキングでは、学部によっては順位が上下することもあります。

 

例えば、42位にランクされているマギル大学は、医学部では世界トップクラスといわれますし、84位のウォータールー大学も、マイクロソフト社に多くの人材を送り込んでいる数学・工学部ではもっと順位が上がるかもしれません。

 

 

留学後、帰国して就職する際には、学歴ブランドが大きなウエイトを占める会社ではカナダ留学は不利になるかもしれません。

 

でも、将来自分で起業しようと計画していたり、就職を北米などの英語圏の国や外資系に求めていくのであれば、カナダ留学には大きな可能性があると思います。

 

8ヶ月以上カナダで学んでいる学生は、卒業後にカナダでの学業期間に応じて最高で3年間、カナダに滞在するビザを得られたりする制度(Post-Graduation Work Permit Program )がありますので、海外で働きたいという方には大きな可能性を秘めています。