カナダの大学を目指すなら大学付属のESLで力をつけよう

カナダ留学の窓口 > カナダ語学コース選び > カナダの大学を目指すなら大学付属のESLで力をつけよう

カナダの大学を目指すなら大学付属のESLで力をつけよう


大学付属の語学コースでは、システム的にはコミュニティー・カレッジのESLと同様ですが、よりアカデミックな環境での指導が多くなると思います。

 

大学のレベルにもよりますが、一般に英語や言語学の修士を持つ先生、第二言語としての英語教授法の資格を持っている先生がいることが常で、システムの整ったレベルの高い授業を行っています。

  

 

カナダ 大学

 

  

大学のESLプログラムということで、留学生を正規学部の授業についていけるようにレベルアップする必要があり、大学のレベルによってコースの厳しさは上下します。

 

簡単に言えば、入学基準が高い大学の語学コースはそれなりに厳しく、入学基準が低いところはそれなり優しいという感じです。

 

名前につられて有名大学の語学コースを選ぶと厳しい授業の中、いつまでたっても卒業できないことや挫折してしまう人もいるので注意が必要でしょう。

  

  

 

大学は規模が大きいことが多く、夜遅くまで開いている図書館やランゲージラボなどの設備が優れています。大学内の自習室をはじめ、学生寮にも自習室が用意されていることもあります。

 

こういった環境は、勉強しようという学生に多くのオプションを提供してくれると思います。

 

また、積極性があれば、正規学生とスポーツやイベントなどを通して交流を図れる機会も多く、英語力のアップにつながるでしょう。

 

 

 

 
宿題が多く、まともに睡眠をとれない日が続くことがよくあるのも大学のESLプログラムの特徴といってもいいかもしれません。

 

出席率や成績に関しても細かく、合格ラインにたった0.1ポイント足りずに次のコースに上がれない学生もいます。

 

確かに厳しいクラスですが、正規学部の授業によってはもっと厳しくなることを考えると、越えなければならない試練の一つと言えるかもしれません。

  

 

  

コミカレでは、エスカレーター方式で、ESLプログラムの終了=(イコール)正規学部の入学基準を満たすことになるケースが多いのですが、カナダの大学に関しては、ESLプログラムを修了しても必ずしも入学の英語基準をパスしたことにはならないことがあります。

 

ESLプログラムは、あくまでも語学コースであって、大学入学に直結するものではないという制度の大学も結構あります。その場合は、大学指定の英語テストをパスしたり、TOEFLやIELTSの点数を取らなくてはならないことがあります。

 

厳しい授業をこなしてくれば、大学の指定されたテストなどをパスするのは難しくないとも考えられますが、入学前にその辺りを確認して進学先を選んだ方がよいかもしれません。

 

 

 


関連記事

  1. ビクトリア大学ELCの入学申込書の記入方法
  2. ビクトリア大学の語学コースへ行こう
  3. 日本人に人気のあるカナダ語学留学
  4. カナダの語学学校協会が公認する語学プログラム
  5. 私立語学学校の利点と欠点
  6. 語学学校選びはなかなか大変な作業?
  7. コミカレの語学コースに行こう!
  8. 自分の目的にあった語学学校を選ぼう
  9. 自分にあった語学コース(ESL)選びをしましょう


カナダ留学.jp