カナダ入国にeTAが必要になります。

入国ビザ カナダ旅行&航空券

カナダでは、Electronic Travel Authorization (以下、eTA)という電子渡航認証が、2016年3月15日から義務化されます。

アメリカやオーストラリアでは以前から導入されていた電子渡航認証ですが、カナダでもやっと導入されます。

これからカナダ旅行に行く際には、eTAが必要になりますので事前に申請することになります。

eTAは航空機でカナダに渡航、または、航空機でカナダを経由して(乗換をして)別の国に行くときに必要となります。陸路または船でカナダに渡航する方は必要ありません。

2015年8月1日以降に初めて留学でカナダに行く際には、就学許可証(Study Permit)にeTAが付帯されているはずですので、別途eTAを申請する必要はありません。

2015年8月1日以前に就学許可証の発給を受けていて、カナダから出国し空路で再入国するときはeTAが必要です。

就学許可証を必要としない6ヶ月以内の留学では、eTAが必要になります。

詳しくは、カナダ政府のImmigration and citizenshipのページを参照してください。

eTAを紹介した動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カナダeTAの申請について

eTAの申請は、カナダ移民局のElectronic Travel Authorization (eTA)のページから申し込みます。

日本語での案内(pdf)はありますが、申込自体は英語/フランス語になります。

2016年3月15日以降になれば、旅行会社などがeTA代行取得サービスを始めるかと思いますが、執筆現在は、カナダ移民局のページから申込むというご案内に留めます。

eTA申請料金は、7ドルです。1カナダドルを90円で換算すると630円です。有効期限は最長5年間です(パスポートの残存年数による)。

eTAの申込には、パスポート、クレジットカード、メールアドレスが必要になります。

eTAの申込ではパスポート情報などを入力します。これによって、eTAとパスポートがリンクされます。電子渡航認証となりますので、カナダ入国時にパスポートを見せればeTAも確認できるというわけです。

申請料金はクレジットカードで支払います。

クレジットカードに関しては、VISA、MasterCard、American Expressのいずれかと指定されています。JCBは記載されていないので使えない可能性があります。プリペードカードに関しては、VISA、MasterCard、American Express対応であれば使用できるとの記述がありました。

申請後はメールにて通知が来ますので、確実に受信できるメールアドレスを使ってください。

ドコモやauといった携帯メールを利用しているケースでは、迷惑メール受信拒否設定が有効になっていると大切なメールが受信できないことがあります。メール受信拒否は自動で設定されていることがあるので、確認した上で、eTA申込をした方がよいと思います。

英語のサイトですので、全角文字は文字化けしてしまう可能性があります。入力の際には文字の設定や変換に注意して、半角英数字を使用するようにしてください。

例えば、SUZUKIとSUZUKIは、同じようでも異なります。数字でも同様で、1980と1980では異なります。前者が全角で海外のサイトでは使用を避けた方がよいです。後者の半角英数字を使用してください。

オンラインでの手続きはスムーズに進めば数分で完了しますが、出国前に余裕を持って申請することをおすすめします。

※こちらの情報は、執筆現在のものです。カナダへの入国に関する制度や料金等は変更されることがありますので、詳細は、eTA申込みページにて最終確認をお願いいたします。

参考リンク:

電子渡航認証 (eTA) とは?:カナダ入国に必要なeTAについての案内(カナダ移民局HP)。問題が生じた際や分からないことがあるときは、カナダ移民局のヘルプセンターコンタクトのページを参照してください。

日本語でのeTA申込方法案内:eTAの申込は英語/フランス語になります。Help with the form in other languages欄のJapaneseのリンクを参照すると日本語での入力案内があります。

パスポートの申請から受領まで:外務省によるパスポートを申請に関するご案内。eTAの申請にはパスポートが必要になります。

高校生でも取得できるデビット・クレジットカード:海外留学で役立つ海外専用プリペードカードとクレジットカードのご案内。eTAの支払いはクレジットカードのみとなります。

タイトルとURLをコピーしました