カナダ・コミカレのアカデミック・コース

カナダ留学の窓口 > コミュニティー・カレッジ > カナダ・コミカレのアカデミック・コース

カナダ・コミカレのアカデミック・コース


カナダのコミュニティ・カレッジってどんなとこ?でコミュニティ・カレッジの概要について書きましたが、こちらのページでは学位系のアカデミックコースについてもう少し詳しく解説したいと思います。

 

 

   カナダ留学

 

 

アカデミックコースは、一般教養コース、文学、ビジネス、国際関係、福祉、経済、家庭経済、言語学、カナダ学などのコースを2~3年で終了するものです。日本の短大に似ています。

 

アメリカでは、カレッジといえば大学を意図することが多く、コミュニティ・カレッジといえば、そのままコミュニティ・カレッジと呼ばれたり、ジュニア・カレッジやテクニカル・カレッジなどと呼ばれることもあります。

 

カナダでは、カレッジといえば、コミュニティ・カレッジのことを指すことが多く、大学(ユニバーシティー)とは分けて使われます。

 

 

 

個別のカレッジや州によってシステムが多少異なりますが、通常、コミュニティ・カレッジの学部で2年間学ぶことで、アソシエイト・ディグリー(Associate’s degree)という短期大学士のような学位がもらえます。

 

カナダのコミュニティ・カレッジでは、4年制大学との提携でコミュニティ・カレッジ内で学位を認定することも多くなっており、総合大学に行かなくても4年制大学卒業の学士号を取ることが可能です。ただ、非常に限られた学部やコースになりますので、総合大学のように選択肢が豊富というわけではありません。

 

 

 

カナダの4年制大学は、入学できても課題や試験が厳しく落第は珍しいことではありません。入学時から学生はどんどん脱落していって減っていく傾向にあります。

 

特に留学生は学業だけではなく、資金面での負担も大きいので、途中で帰国してしまう人も多いです。

 

大学を目指したのに途中で「中退」となるよりは、「カレッジ卒業」という資格を履歴に載せられる方がよいと考えてコミュニティ・カレッジを選択する学生もいます。

 

2~3年の留学を計画している場合は、色々試して中途半端な留学にならないように、コミュニティ・カレッジ卒業を目指すという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 


関連記事

  1. カナダ・コミュニティ・カレッジで専門技術を身につける留学
  2. カナダ・コミュニティ・カレッジの大学編入コースを活用しよう
  3. カナダのコミュニティ・カレッジってどんなとこ?


カナダ留学.jp