カナダにお金を持っていく方法

カナダ留学の窓口 > カナダ旅行&航空券 > カナダにお金を持っていく方法

カナダにお金を持っていく方法


カナダは比較的安全とはいえ、日本ほど安全ではないのでお金を持ち歩くときは注意が必要です。

 

カナダに行くときには、現金、海外専用プリペードカード、クレジットカードなどがあると便利です。

 

現金は余りたくさん持っていると危険なので、そのあたりも考慮して用意してください。ホテルなど高額な支払いは、海外専用プリペードカードやクレジットカードで支払うのがおすすめです。

 

以下、それぞれのご利用方法についてご案内します。

 

 

為替両替所

 

 

 

外貨を購入する(現金を用意する)

 

カナダに行く前には、予めカナダドルを少し購入(両替)しておいた方がよいと思います。渡航予定にもよりますが、私は100~200ドルくらいをカナダドルに両替して持っていくようにしています。

 

カナダドルは、空港などの両替所、外貨宅配、銀行・郵便局などで購入できます。詳しくは、海外旅行に行く前に外貨を購入するをご参照ください。

 

一番手軽なのは、出発前に日本の空港にある両替所で、日本円をカナダドルに替えてもらう方法でしょう。空港は両替のレートがあまり良くないことがあるので、ある程度まとめて現金が必要は場合は、外貨宅配を利用した方がお得なことがあります。

 

カナダのバンクーバー国際空港やトロント国際空港などでも両替所があります。海外では日本のお札のみ使用できる場合がほとんどですので、現地で両替をする際にはお札を用意しておきましょう。

 

 

日本とカナダでどちらで両替した方がレートがお得かといった話になることがあります。

 

個人的には、空港での両替でいえば、日本で両替した方が多少お得のような感覚があります。しかし、為替レートは常に変わっていてその時々でお得とは限りません(リアルタイム為替レート参照 )。

 

日本を出るときとカナダに着いたときでは、10時間前後が経過しているわけですから、当然レートが変わっており、どちらで両替した方がお得かというのは手数料を含めても難しい判断だと思います。

 

 

どこでも両替できるわけではないので、日本とカナダどちらかに限定するのではなく、日本で少し両替して、カナダでも両替するくらいの予定にしておいた方が安心ではないかと思います。

 

もっと細かく言えば街中の両替所の方が、空港の両替所よりレートが良いことが多いです。ただ、現地に着いてその両替所を探す手間や閉店していた場合なども考慮すると、小額でもよいので両替できるところでしておいた方が、現金が全く手元に無いよりはましだと思います。

 

高額な現金を持ち歩くのは危険なので、それらは下記に紹介する別の方法を用意した方がよいでしょう。

 

 

 

海外専用プリペードカードを用意する

 

カナダではアメリカと同様、クレジットカードやデビッドカードが良く使われます。カレッジ・大学の書店やカフェなどでもこれらのカードが使えることが多いので、現金を余り持ち歩かなくても平気です。

 

カナダに持っていくカードでオススメの一つは、海外で使えるプリペードカードです。

 

オススメの理由は入手が簡単なこと、そして、預けたお金の範囲内で、海外のATMからお金を下ろしたり、クレジットカードとして使うことが出来るからです。

 

 

通常、審査不要なので、クレジットカードのように申込み際して面倒な審査が無いのが特徴です。

 

クレジットカードでは定職がないと審査落ちしてしまうことがありますが、プリペイドカードはそういった心配がありません。

 

VISAまたはMasterCardのマークが付いていて、クレジットカードのように使うことができるので、高校生でも持てるクレジットカードと呼ばれることもあります。もちろん、高校生以上でも申込み出来ます。

 

日本の銀行などを通してカナダドル紙幣を入手しようとすると手数料が結構かかります。

 

海外で使えるプリペイドカードであれば、カナダに着いてから現地の銀行やショッピングモールなどにあるATMからカナダドルを引き出せて、しかも日本でカナダドルを入手するより手数料が安く済みます。

 

詳しくは、海外留学で役立つ海外専用プリペードカードをご参照ください。

 

 

 

カナダドルがチャージできる海外専用プリペードカードが便利

 

海外専用プリペードカードは様々な種類がありますが、キャッシュパスポートはカナダドルをチャージしておくことができる特徴があります。

 

一般の海外プリペードカードは、日本円を預けておいてその金額の範囲で海外で使うことが出来ます。そして、使った時点の為替レートが適用されて口座から引かれます。

 

キャッシュパスポートは、カナダドルを含む7通貨別に専用口座が設けられているので、日本円で口座別に振込むことで外貨(カナダドルなど)に両替してチャージすることができます。

 

好きなときにチャージできるので、為替レートのよいときを選んでカナダドルに両替したり、旅行積立のように月々分散してチャージしておくことも可能です。

 

ちなみに、クレジットカードは海外で何かを購入した時点の為替レートで日本円に換算して請求されますので、予め為替レートがよいときに両替しておくことは出来ません。

 

 

近年のカナダドル・レートを見ると、2014年には1カナダドル=105円を超えたときがありました。また、2015年には、1カナダドル=75円まで下がってきたときがありました。

 

カナダに留学した際、1年間の生活費として10,000カナダドルが必要といわれており(学費は除く)、それを日本円に換算すれば、1ドル=105円では1,050,000円、1ドル=75円では750,000円になります。この為替レートから生まれる差額は30万円になります。※換算金額は為替手数料等を除いた単純な試算です。

 

常に一番お得なレートで両替できるとは限りませんが、カナダドルが下がったところで両替しておけば、留学費用を節約ができる可能性があります。キャッシュパスポートを利用する際には、為替レートにも気を配ってチャージしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 atm

 

 

 

銀行が発行するデビッドカード/キャッシュカード

 

新生銀行のキャッシュカード は、インターナショナルキャッシュサービスが予め付帯しているので、カード1枚で国内と海外のATMが利用できます。

 

楽天銀行やジャパンネット銀行が発行するデビッドカードは、銀行のキャッシュカードとクレジットカードの機能を持ちます。また、海外のATMも利用できます。

 

これらの銀行系カードは、国内と海外でも使えるので、海外と日本を行き来するのであれば便利でしょう。詳しくは、海外で日本のキャッシュカードを使うのページをご参照ください。

 

 

日本の銀行キャッシュカードを持ち歩く際には、全財産がその銀行口座にあるとキャッシュカードを紛失した際のショックや不安は大きいと思います。

 

銀行キャッシュカードは、海外専用プリペードカードやクレジットカードと比べて海外でのサポートが余り充実しているとはいえないことがあります(例えば、24時間対応の電話対応、盗難時の保証、海外専用のフリーダイアルがあるかなど)。

 

紛失したときや盗難にあったときを考えて、一日に引き出せる金額を予め設定したり、旅行で使わない預金は別の口座に移しておいた方が安心でしょう。

 

 

 

機能豊富なクレジットカード

 

海外ではクレジットカードがあると非常に便利です。大きな支払いは現金を使わないで、クレジットカードで支払うのが海外では安全な支払い方法です。

 

日本では現金主義なところがありますが、カナダやアメリカではクレジットカードやデビッドカードがよく利用されています。

 

カレッジや大学の授業料支払いを始め、スーパーやカフェなど様々なところでクレジットカード類が普通に使われています。

 

クレジットカードは色々な種類がありますので、どれにするか迷うときは留学・海外渡航のためのクレジットカード選びも参考にしてください。

 

海外旅行に適したクレジットカードであれば、海外旅行傷害保険が付帯していたり、海外でのアシスタントサービスがあったりと海外での強い見方です。

 

一般に、ホテルのチェックインやレンタカーを借りるときなどは、クレジットカードの提示を求められます。ホテルやレンタカーは高額な支払いになることがありますので、保証金代わりにクレジットカードの与信枠を確保されたりします。

 

 

日本の大学/短大/専門学校に通っている方は、JALカードANA JCBカードなどに在学中は年会費が無料になる学生用クレジットカードがあります。

 

海外と日本を往復することが多くなるとマイルをためられるクレジットカードも利用価値が高いでしょう。

 

高校を卒業してすぐ留学する場合などは、本人がクレジットカードを申込むことは難しいので、家族会員カード(親の持っているクレジットカードの追加サービス)で、クレジットカードを発行してもらう方法があります。

 

 

 

最低2枚の海外対応プリペードカードやキャッシュカード等を用意する

 

カナダのATMで時々聞くトラブルが、現金を引き出そうとしたのに、現金は出てこないし、カードも出てこなくなったということです。

 

日本ほど徹底的にメインテナンスされていないためなのか、ATMによっては動作が不安定な端末があります。地元の人達はよく知っているので、そういったATMは避けています。

 

当然、初めて行く人にとってはそんなことは知る由もなく、空いているから使おうということになるのですが、そこで、カードが飲み込まれてしまう(カードが出てこない)ことがあります。

 


ATMを使用する際には、英語の操作方法に慣れていなくて、何回も誤った操作をしたり、暗証番号を間違えてしまうことがあります。こういったときは、いたずらや盗難されたカードが試されていると判断されて、カードがATMに没収されるような形になることがあります。

 

また、操作画面に集中していて、カードが出てきたのに気が付かないことがあります。カードが出てきたら、すぐにカードを取り出さないと取り忘れと判断されて(盗難防止のためでもある)、ATMがカードを没収してしまうことがあります。

 

カードがATMに飲み込まれてしまって、その1枚しか現金を引き出せるカードを持っていないとしたら、その後の活動に大きな不安を抱えることになると思います。

 

こういった突発的なトラブルに備えて、現金を引き出す海外用プリペードカードや海外対応キャッシュカードは、最低でも2枚は用意しておいた方がよいでしょう。

 

キャッシュパスポートは、海外でのトラブルを考慮して、オリジナルのカードに加えてスペアカードも予め送られてきます。通常は、紛失等してから会社に連絡をして新しいカードが発行されますが、それでは時間がかかってしまうので、スペアカードが手元にあると重宝するときがあるかもしれません。

 

 

 

ATM利用時のトラブルに備えて

 

ATMでのトラブルに備えて、できれば銀行の支店にあるATMを利用した方が安心だと思います。何かあれば、銀行員に助けを求めることができます。必要であれば、ATMの技術者を呼んでもらうことが出来ると思います。

 

次の選択肢としては、ショッピングモールや大きなスーパーマーケットの中にあるATMでしょう。できるだけメジャーな場所にあるATMを利用した方が無難です。廃れたコンビニにあるようなATMは、少々不安があります。

 

ATMは24時間利用可のものがたくさんありますが、夜にトラブルに巻き込まれてしまうと困ったことになります。電話での緊急連絡は基本24時間対応であると思いますが、翌日の営業時間(9時以降~)にならないと修理担当者に対応してもらえないことがあります。

 

ATMの前で朝まで待っているわけにはいきませんし、旅行でその街から移動しなければならないときは、日程を変更するなど不便なことにもなりかねません。

 

いつでも使えて便利なATMではありますが、慣れない内は、できるだけ日中の営業時間内に使用されることをおすすめします。

 

ATMでトラブルがあったときは、カード発行元にも連絡をしましょう。カードが出てこないといったトラブルでは、万が一に備えて、現金の引き出しができないようにしてもらうことが必要なときもあります。

 

 

 

海外でのお金の管理は慎重に

 

海外に行くと自分以外に頼れる人がいない状態で、盗難や危険な目に遭うことがあるかもしれません。そんな中で、お金の管理はとても大切です。

 

海外の観光地では特に狙われやすくて、置き引きにあったり、財布をすられたという人はたくさんいます。

 

自分が被害を受けないようにすることはもちろんですが、いざというときに備えて、現金は必要な分だけ持つ、一つのバックに全財産を入れない、クレジットカードなどは1枚だけに頼らないといったことは気をつけた方がよいでしょう。

 

色々な可能性を考えて、海外へのお金の持って行き方、そして、安全に配慮したお金の管理と使い方を十分検討してください。

 

 

 



関連記事

  1. カナダ留学先選びの旅 バンクーバー&ビクトリア編
  2. カナダ留学先選びの旅
  3. カナダでカーシェアリングを利用する
  4. カナダの税関申告で気をつけること
  5. カナダ入国にeTAが必要になります。
  6. カナダでスキー&スノーボードを楽しもう
  7. カナダへはどうやって行きますか?


カナダ留学.jp