編入制度を利用してカナダの大学へ行こう

カナダ留学の窓口 > カナダの大学 > 編入制度を利用してカナダの大学へ行こう

編入制度を利用してカナダの大学へ行こう


 カナダの大学に日本からストレート入学するのは、少々厳しいことがあります。

 

 カナダの大学

 

 

カナダの大学数は少なく、その中でも名の知れた大学には留学生がたくさん入学を希望します。

 

元々、大学に入学できる留学生枠は小さいので、競争が非常に激しくなります。当然、日本から直接、正規学部に入学することはさらに難しくなります。

  

  

  

日本的に考えると、もし今回入学できなかったら浪人して、次の機会に入学できるように頑張ろうと思うかもしれませんが、その必要はないかもしれません。

 

カナダには、大学編入コース(University Transfer Program)といったものがコミュニティカレッジにあります。このコースで1~2年勉強してから、提携のある大学へ編入学することが可能です。

 

たとえば、ブリティッシュ・コロンビア大学に行きたいとき、直接入学は難しいと思ったら、提携のあるコミュニティカレッジに入学して、そこで大学編入コースを取りながら、英語のレベルアップを図って1~2年後に編入できるように準備することができます。

 

日本でも一部の専門学校や短大から4年制大学へ編入できる制度がありますが、それに似ていると思います。

 

日本では、大学に編入する学生は珍しいかもしれませんが、カナダの大学では全然珍しくなく、2年生や3年生のときに編入してくる学生がたくさんいます。

  

  

  

大学とコミュニティカレッジの提携内容によって、必ずしも大学編入プログラムといった名のついたコースである必要はありませんが、基本は、大学の1~2年に学ぶのと同様の科目をコミュニティカレッジで選択して、規定の成績を得れば大学へ編入することが可能になります。

 

大学や学部によって入学基準が異なりますので、その基準に見合うようにコミュニティカレッジで学ぶ必要があります。

        

   

    

どこの大学でも編入学が可能というわけではありませんし、コミュニティカレッジの成績が悪い場合は編入は許可されません。留学生の場合は、単位と成績に加えて、TOEFLやIELTSといった英語テストでよい点数を取ることも必要です。

 

前出のとおり、入学競争が激しいので当然ながら成績の優秀な学生から入学が許可されます。その結果、希望の大学に編入できないこともあります。単にコミュニティカレッジで勉強すれば、有名大学へ編入できるという制度ではありません。

 

しかし、うまく制度を利用して、しっかり学んでいけば可能性は広がります。カナダだけではなく、アメリカにも編入することは可能です(カナダで取得した単位の一部は認められないことがあります)。

 

日本の大学の単位もある程度は認めてもらえるので、日本の大学や短大からカナダの大学へ編入することも可能です。認められない単位も結構ありますので、その辺りは我慢しないといけないところです(アメリカの大学の方が単位を認めてもらえる可能性が高いと思うので、日本からの編入の場合はそちらも検討された方がよいと思います)。

 

もちろん、1年生からカナダの有名大学などへ直接入学できるにこしたことはありませんが、編入学があることでチャンスがきっと広がると思います。こういった情報も参考に留学計画を立ててください。

    

   



関連記事

  1. カナダ中西部にあるサスカチュワン大学
  2. カナダのアーサー・マクドナルド教授がノーベル物理学賞
  3. バンクーバー郊外にある有名大学・サイモンフレーザー大学
  4. 成長著しいカルガリーで学ぶマウント・ロイヤル大学
  5. 地方都市で学べるトンプソン・リバーズ大学
  6. 中規模ながら評価の高いカナダ・ビクトリア大学
  7. カナダの大学入学には偏差値は無いの?
  8. 革新的なアプローチで成長を続ける大学:ウォータールー大学
  9. 総合的にカナダ第1位の大学と呼ばれる名門トロント大学
  10. 研究が盛んなカナダ上位の大学:アルバータ大学


カナダ留学.jp