私立語学学校の利点と欠点

カナダ留学の窓口 > カナダ語学コース選び > 私立語学学校の利点と欠点

私立語学学校の利点と欠点


カナダの私立語学学校は、短期間で会話力だけを付けたいという人達のためのコースから、スポーツやアクティビティを織り交ぜた楽しい語学留学、大学準備コースというように、様々な特徴を持った学校があります。

 

building

  

 

設備や施設は商用ビルの一角を使用したものや個人宅のようなところもあります。

 

設備的には大学やカレッジに劣るものの、私立語学学校は留学生確保に熾烈で、会話をもっと話したいといった留学生の希望を取り入れているところが多いです。

 

このため、クラスでは色々なシチュエーションを想定して会話の練習がなされるなど、会話力アップを重点に置いているところが特徴の一つだと思います。

 

入学時期は、毎月募集しているところもたくさんあるので、いつでも行きたいときに申込める学校もたくさんあります。

  

 

 

大学やカレッジに比べて、費用が安いことも人気の一つです。

 

ビルの間借り、小規模経営、人員が少ないなどにより、低予算で運営しているのが私立語学学校の特徴の一つです。

 

語学コース以外に何らかの特徴があり、中には料金が高いところもありますが、その辺りは個人の選択で選べるようになっています。

 

比較的いつでも入学できる上に、日本の留学エージェントや旅行会社と提携している学校も多く、日本人が特に多いのが私立語学学校です。

 

一応、政府の許可制ではありますが、民営のため、教育の質には当たり外れが大きいと言われます。

 

先生の出入りが激しいところもあり、過去の体験談などを基に、今も良い学校と判断するのは難しい場合があります。

  

 

 

一部の学校では、短期留学の「楽しい思い出づくり」がメインで、英語を話せるようにするといった実用性はなく、イベントなどを多く盛り込んで楽しさを追求しているところもあります。

 

そういった楽しい企画を出せるのも私立語学学校の特徴の一つであろうと思いますが、旅行の延長で留学したいのか、それともアカデミックな授業を希望しているのか、その選択を間違えると残念な留学になってしまうかもしれません。

  

  

 

私立語学学校の中でも、会話重視、進学重視、イベント重視など、それぞれ特色を出していることが多いので、入学案内やインターネットで学校のホームページを調べてみてください。

 

語学学校の信用と運営の向上を目指し、語学学校協会に加盟して行動しているところもあるので、選択の際には考慮してみると良いと思います。

  

 

  

当然ながら、私立語学学校は留学生ばかりです。スタッフを除いて、カレッジや大学のように一般のカナダ人はまずいません。

 

留学生しかいないと、留学生独特のアクセントがついて困るという日本人学生の悩みがあります。

 

アジア系の学生は子供の頃から英語を学んでいる人が結構いますが、お国柄の独特な英語を話すことが多く、英語に関してはおとなし系の日本人学生はそれに毒されてしまう傾向があります。

 

たとえば、香港人の学生が多いと香港系のアクセントが知らず知らずに身についていたりします。シンガポールや韓国など、その時期によって学生のカラーがあり、日本人学生が他国特有のアクセントで話している光景は不思議なものです。

 

また、授業の中だけで学べる英語というのは非常に限られており、クラスの中で自分が英語を話せる時間もほんの少しでしかありません。

 

カナダ人との関わりが少ないと、英語力の進歩にも大きく影響するものだと思います。

  

 

   

私立語学学校の中には、○○○インターナショナル・スクールや△△△インターナショナル・カレッジといった名前を見かけますが、短大や大学というわけではありません。

 

規模によって、個人経営の英会話教室から会社運営の専門学校といったイメージで捉えてもらうとわかりやすいでしょう。大学やコミュニティーカレッジと混同しないようにしてください。

 

日本の英会話学校でも、海外大学の分校のように思える名前をつけているところがありますが、それと同じで、名前はあくまでもイメージ戦略だと考えておいた方が無難です。

   

名前から大きなカレッジのキャンパスで勉強するものだと思っていたら、間借りしたビルの一室で授業をやっていてショックだったというのは学生から良く聞く話です。

 

そういう意味では、名前だけで学校を決めるようなことは、最低限、避けなければなりません。

 

また、間借りしている教室が入っている大きなビルの全体写真をパンフレットに載せていたりするので、そのビル全体が学校だと勘違いしてしまうことがあります。日本の小さい企業でも使う手ですが、こういった手法にも引っかからないようにしてください。

   

  

    

将来、コミュニティ・カレッジや大学に進みたい方に注意していただきたいのは。。。

 

一部の私立語学学校は地元のカレッジと提携していて、卒業と同時にコミュニティ・カレッジへ進学できる場合がありますが、日本でいうところの英会話スクールと同等いうところがほとんどで、その語学学校を終了したからといって、そのままカレッジや大学に進級できることは少ないです。

 

私立語学学校からコミュニティ・カレッジへ進学できると謳っていても、カレッジ側が用意したテストにパスしないと入学できなかったり、TOEFLなどの規定点数を要求されることがあります。

 

苦労して語学コースを終了しても、コミュニティ・カレッジへ進むことは難しく、次は入学用のテスト勉強をしないといけないことになります。

 

多くのコミュニティ・カレッジ付属の語学コースは、コース終了後にはそのまま正規学部に進めるというシステムになっていますので、進学に関していえば、私立語学学校との差が大きいです。

 

 

語学だけ学びたいという方には適していると思いますが、その先にコミュニティ・カレッジや大学を目指している方は、無駄な時間をすごしてしまう可能性がありますので、学校の選択と利用方法はより慎重になっていただきたいと思います。

    

    



関連記事

  1. ビクトリア大学ELCの入学申込書の記入方法
  2. ビクトリア大学の語学コースへ行こう
  3. 日本人に人気のあるカナダ語学留学
  4. カナダの語学学校協会が公認する語学プログラム
  5. 語学学校選びはなかなか大変な作業?
  6. カナダの大学を目指すなら大学付属のESLで力をつけよう
  7. コミカレの語学コースに行こう!
  8. 自分の目的にあった語学学校を選ぼう
  9. 自分にあった語学コース(ESL)選びをしましょう


カナダ留学.jp